中野区にあるリラクゼーションサロンPOCO-salon(ポコサロン)|コンセプト

POCO-salon

ポコサロンは看板のない小さなプライベートサロンです。
お越しの際は、お客様のためだけの貸切空間となり、ゆったりとおくつろぎいただけます。
日本ならではの丁寧で繊細なテクニックとおもてなし。
デリケートな感性を活かした空間。
カルテをお一人分ずつ詳細に管理しているので、いつ来ても、前回までの自分の状態と今を確認できるサロンです。

マッサージやエステ、体のこと
「マッサージに行っても次の日には戻ってしまう・・・」、
「揉み返しがつらくて・・・」そんなご経験はありませんか?
ポコサロンでは様々なマッサージやセラピーの技法を取り入れ、身体の深部までしっかりとほぐしていきます。
体調や重点的にケアして欲しい箇所をしっかりと聞き取り、マニュアル通りではなく、お客様のそのときの心や体の状態によって施術内容を組み立てていきます。

マッサージを受けたことがない方、マッサージには興味があるけれど痛いのは嫌という方、マッサージジプシーの方、ポコサロンではアロマリンパトリートメント、プレスボディケアのほかにも、各種オプションもご用意いたしております。

本格的なボディケアでゆったりとココロもカラダもゆるませて、のんびり深呼吸してみませんか?

ちょっと敷居が高い・・・?
マッサージ店、エステ店、もしかして勧誘があるの・・・?と思うと怖くてなかなか行く気になれない方もいらっしゃるかと思います。

ポコサロンでは、「ちょっと行ってみようかな」と気軽に利用できるサロンを目指し、30分からご利用いただけるショートコースをご用意致しております。
ご自分の体調やお悩みに合わせてコースを選択していただけます。もちろん、「自分にはどのコースがいいのか分からない」という方には、体調を伺いながらアドバイスさせていただきます。

セラピストについて
セラピストになったきっかけは2011年の東日本大震災でした。
避難所で片腕だけのちょっとしたマッサージみたいなものを受け、「マッサージって体だけではなくて心もこんなにも元気にすることができるんだ!」と、とても感動しました。

地元の電車が動くようになった4月の中旬頃、すぐにマッサージの学校を探し、平日は会社勤め、週末だけ東京に出てきて学校に通いました。
その後、かくかくしかじかで(笑)、翌年の2012年1月に、中野にポコサロンを開きました。


[プロフィール]
津田塾大学英文学科卒業後、大手流通業、半導体メーカーを経て、2012年にポコサロンを開業。
サロンが軌道に乗るまでは、セラピストとしての仕事の傍ら、自動車輸入会社のマーケティング部署で週2日仕事をし、生計を立てる。
最近では、祖母の介護経験を活かし、介護アロマセラピストの資格を取得。ターミナルケアにアロマセラピーを取り入れる素晴らしさを広めたいと、2015年4月には、アロマボランティア団体アロマポケットを立ち上げる。
現在はポコサロンのほかにも、ホスピスや病院の入院患者へのアロマケア、在宅介護者へのアロマケアアドバイス、グリーフケアなど、多岐に渡り活動中。

  • Aroma アロマ
  • Bodycare ボディケア
  • お子様連れでもOK♪
  • POCO-salon blog
  • aromapoket
  • メール予約